■ジョギングでダイエット!いつ走るのが効果的?■


ジョギングは走る場所さえあればいつでもどんなところでも行える手軽な運動です。

でもダイエット目的でのジョギングに効果的な時間帯はあるのでしょうか。

実は早朝が最も良いという説があります。
現代社会で働く一般市民にとって早朝は確実に時間を確保できますし、他の時間帯と比べて脂肪燃焼率が高いという大きな利点もあります。

同じ距離を走っても、早朝とお昼間・夜とではエネルギー代謝効率が大きく違っています。
血糖値が時間によって大きく変化するのが原因です。
人体は食べ物を体内に取り込むことで、インシュリンが分泌されます。
そして人体の生命活動をする為のエネルギーとして血糖を利用するのですが、早朝だけは様子が変わってきます。
夕飯を食べた後、8時間以上経っているとの定義上、人体は日中よりも血糖値が低くエネルギーと足らない状況。
その為生命活動には血糖ではなく脂肪をエネルギーとします。
その為、ジョギングをすることで脂肪代謝効率がうんと高まるのです。

また一度燃焼状態に入った脂肪はジョギング終了後もしばらくの間は少しの刺激で燃焼しやすい状態が続きます。
その為通勤等での移動や階段の昇降だけでも脂肪燃焼がおこるのです。

本来ダイエットとは単純に痩せればいいわけではありません。
重要なのは体脂肪を減らすことです。
また今現在理想的な体重でダイエットを必要としないジョガーでもその体系を維持する事はとても重要です。



最初のページに戻る