■早朝ジョギングと朝ごはんのタイミング■


早朝のジョギングをする人はいつ朝食を取ったらいいのでしょうか。

早朝と言うと、最後に摂った食事は一般的に8~10時間前の夕飯ですよね。
前回のエネルギー補給からそれだけ経っていると、当然体内にはエネルギーも水分も足りていない状態となります。

今のところ『こうするべき』という意見はなく、大きく2つに分かれています。
起床後、水分だけ取って食事を摂らない方がダイエット面では効果的だという考えは一般的に多く採用されているようです。
空腹=血糖値が少なく血中の遊離脂肪酸が多い状態で走ると『体脂肪』をエネルギー源として消費する為脂肪代謝率・エネルギー交換率が高いとされているのです。
これに対し、遊離脂肪酸が多い状態(つまり空腹で低血糖になっている状態)は心臓に負担がかかり、運動効率が大変悪くなります。
その為体が十分動かせず怪我や事故につながる恐れが大きいと指摘されてきました。
特に太り気味の方や朝早く起きる習慣のない方は要注意です。
早朝ジョギングの前には、少なくとも『水』を飲むこと。
そして軽くパンやフルーツなどをお腹に入れて糖分を摂取する事が大切だと考える研究者が増えてきています。

しかし満腹になるまで食べてしまうと、走っていてわき腹痛や吐き気等の原因となってしまいますので、ジョギング前はあくまでも圭食程度がいいでしょう。
ジョギングに限らず、早朝身体を思い切り動かすことで脂肪燃焼率が上がり、1日を効率よく過ごせます

早朝のジョギングはとても健康的と言えます☆



最初のページに戻る